2019年05月24日

名鉄百貨店で販売会~5月28日まで!




田上部長2



皆さま

いつも応援くださり

ありがとうございます!



営業の田上(たうえ)です 



私、ただ今 名古屋市におります。



名鉄百貨店(本店)

お邪魔しております。



nana364_3
今日のナナちゃん  ← こちらで画像をお借りしました。




名鉄百貨店 メンズ館

地下1階 食品フロア

フレッシュステーション にて

試飲販売をしております!





それにしても暑いですね 

季節はもう ですよ!



夏の酒 をお持ちしました!



 
とろ生 吟醸生原酒


5月23日(木)

蔵出ししたばかり!



とろ生スクエア



氷温でゆっくりじっくり熟成。


口に含むと

とろみのような旨み

ふわ~っと広がるんです!!!

舌の上で

ゆっくりとろけますよ~ 






 飛騨の涼風 純米吟醸


こちらは5月16日(木)に蔵出し!


飛騨の山々を

涼やかに吹き抜ける風のよう

この爽やかな旨さは

今日のような暑さを乗り越えた体に

優しく沁みわたります!


涼風スクエア








そしてそろそろ夏のご挨拶

お世話になった方への贈り物

父の日の贈り物にも

田上イチオシの酒 


 純米大吟醸  (ほまれ)

純米大吟醸 誉 720ml


世界的なワイン評論家で

ワイン業界に一時代を築いた

ロバート・パーカーJr.氏による

ワイン評価点数90点を獲得!
(100点満点中)

まさに大切な人に贈るのにふさわしい

世界が認めた美酒でございます!


なおロバート・パーカーJr.氏は

先日、ワイン批評の仕事から引退すると

発表したばかりですね。

 ※詳しくは こちら




名古屋近郊にお住まいの皆さま

この機会に

名鉄百貨店 メンズ館に

お立ち寄りいただき

飛騨の地酒 白真弓 を

お試しくださいませ。






いつもお読みくださり

ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓




好評発売中!

とろ生 吟醸生原酒
とろ生



純米吟醸 飛騨の涼風
飛騨の涼風2018



祝令和元年記念セット!

令和元年記念セット




有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 


shiramayumi at 17:05|PermalinkComments(0)お知らせ | 試飲会

2019年05月23日

柿渋塗りをしました!



皆さまは「柿渋(かきしぶ)」をご存知ですか?


「柿渋」と聞いただけで

あの強烈な匂いを思い出される方も

いらっしゃるのではないでしょうか 


柿渋は

渋柿を搾って発酵熟成させたもので

防水・防虫・防腐効果があり

建築内装の塗料や

布や紙の染料として使われています。



私たちが子どもの頃は

柿渋を塗った漬物桶が

軒下に並んでいるのを

よく見かけたものです。


あの匂い・・・思い出すなぁ~ 



木桶3



平成15年に

戦後まもなくまで使っていた

酒樽をバラし

創業300年記念として

大きな酒樽を作りました。

これが第300号樽です。



毎年この時期には

木桶の手入れとして柿渋塗りをします。




IMG_2587




あれ?

諏訪杜氏~

匂い対策はしないんですか?



「しんよ!

 今年は無臭の柿渋にしたで!」


そう言って

黙々と作業をする杜氏。



上から覗いてみると

この木樽って本当に大きいですね。


IMG_2591






カラッカラに乾いた木樽には

こんなすき間があります。


IMG_2590


仕込みの時期には水を張って

充分に水分を浸み込ませると

このすき間がなくなるんです!



木樽は生きている~ 




それに

年輪も美しいですね~
 




柿渋が染み込むと

これまた美しいです~
  


IMG_2593





今回は無臭の柿渋を使いましたが

なんとなく匂うような気がします。


子どもの頃に嗅いだあの匂いは

それほどキョーレツだったのですね(笑)




キョーレツな匂いが気になりますか?


そうですね~。

匂いをお届けすることは出来ませんが


銀杏の実が落ちて腐敗した匂い


と言えば

ご想像いただけるでしょうか~ 



IMG_2594
▲無臭の柿渋を塗ったので匂いません!




いつもお読みくださり

ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓




好評発売中!

とろ生 吟醸生原酒
とろ生



純米吟醸 飛騨の涼風
飛騨の涼風2018



祝令和元年記念セット!

令和元年記念セット




有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 


shiramayumi at 14:14|PermalinkComments(0)蒲酒造場 | 蒲のお酒

2019年05月20日

万葉集に詠われる飛騨(斐太・ひだ)


古川の町の中心を流れる

荒城川沿いにある檀の木。


誰かが植えたものと思われますが

今日もすっくと立ち

空に向かって枝葉を広げています。



まゆみの木20190520
▲古来より弓の材料として知られる檀(まゆみ)の木





白真弓

斐太の細江の菅鳥の

妹に恋ふれか 寐を寝かねつる

(しらまゆみ 
 ひだのほそえのすがどりの
 いもにこうれか いをねかねつる)

        万葉集 巻代十二



飛騨の細江に棲む菅鳥が

妻を求めて鳴くように

あの人に恋焦がれているせいか

なかなか寝付かれない。




斐太(飛騨・ひだ)にかかる枕詞として

万葉集にも登場する「白真弓」。


飛騨には古代より

檀(まゆみ)の木が多く自生していた

と伝えられています。





蒲酒造場の酒「白真弓」の名は

これに由来しております。



どこまでもしなやかに

どこまでも白真弓らしく。



今も昔も

飛騨の恵みに感謝して

皆さまの心に寄り添える酒を

造り続けて参ります。




いつもお読みくださり

ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓




好評発売中!

純米吟醸 飛騨の涼風
飛騨の涼風2018



祝令和元年記念セット!

令和元年記念セット




有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com