2019年12月10日

令和元年の新酒のご案内


新酒のおいしい季節です。

にもかかわらず・・・

ずいぶんと長い期間

更新をしておりませんでした 


ということで

今年の新酒をご紹介いたします。



 令和元年の一番しぼりはこれだっ!!


IMG_3636
▲新酒の蔵出しの日、ほっとした顔の諏訪杜氏



やんちゃしぼりたて生原酒

力強い味わいに仕上がりました。

出来立てのフレッシュな味わいは

この時期ならではです 
 

飛騨のしぼりたて生原酒720ml

11月21日に蔵出ししてから

連日たくさんのご注文をいただいております。


観光客の皆さまにも試飲をしていただく度に

「おいしい!」と喜んでくださいます 


この瞬間が本当に嬉しいです!






さてさて

寒い季節は鍋を囲むことも多くなりますよね。


白菜と豚肉のミルフィーユ鍋


私は豚肉と白菜のミルフィーユ鍋が

大好きなのですが・・・ 


やんちゃしぼりたて生原酒

鍋料理にぴったり!!!


大きな声で言わせてください!



やんちゃしぼりたて生原酒

鍋料理にサイコーですっ!





いつもお読みいただき

ありがとうございます 




*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓








有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 




shiramayumi at 14:14|PermalinkComments(0)蒲酒造場 | 蒲のお酒

2019年11月13日

おいしくなぁ~れ!



大きな樽の上にひょいっと乗って


今日の もろみちゃん  の様子を確認し

「おいしくなぁ~れ  」と櫂入れをする。



櫂入れ中本さん
▲思わず笑顔の中川さん




蒲酒造場では

飛騨の気候に合わせて


慌てることなく酒造りを始めます。


記念すべき令和元年の酒造り


一番しぼりの時期が

いよいよ近づいてまいりました!



とびきりフレッシュな令和の新酒

やんちゃしぼりたて生原酒

令和元年11月21日(木)

蔵出しです!

banner04-02






いつもお読みいただき

ありがとうございます 




*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓








有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 

shiramayumi at 11:52|PermalinkComments(1)蒲酒造場 | 蒲のお酒

2019年11月11日

絶食期間中?!


20191111-1



朝晩かなり冷え込むようになってきましたね。


福全寺跡の大イチョウが

少しずつ葉を落とし始めました。


この葉っぱが全部落ちる頃には

白い季節に突入するんですよねぇ
 




20191111-2



このところいい天気が続いているので

瀬戸川の水も澄んでいて

今日も鯉たちは悠々と泳いでいますが…



ただ今 餌をやることが出来ません 



お引越し前の 絶食期間 なんです。



20191111-3





鯉は水温13度以下になると

餌を食べなくなって

越冬の準備をするそうです。


この時期に餌を食べると

消化不良を起こすのだとか。


そして水温8度くらいになると

水の底でじっとしたまま動かなくなり

冬を越すのだそうです。



瀬戸川は冬の間

雪を流す流雪溝の役割があるため

鯉たちは増島城跡の堀池で越冬します。




飛騨古川の冬の風物詩

瀬戸川の鯉の引越し



と き  令和元年11月24日(日)

      8:00~11:00頃まで  

ところ  飛騨市古川町 瀬 戸 川 付近



祭・イベント_鯉の引っ越し06_(c)飛騨市観光協会
▲写真は ぎふの旅ガイド様 よりお借りしました。



およそ1,000匹の鯉を

1匹ずつ手ですくって軽トラに乗せ

増島城跡にある堀池に移動させるんですょ。


重さ10㎏を超える 大物もいるとか 



悠々と泳ぐ鯉を見られるのも

あともうちょっとです。


お引越しのその前に

ぜひ会いに来てくださいねっ  





いつもお読みいただき

ありがとうございます 




*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓








有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 

shiramayumi at 13:50|PermalinkComments(0)ようこそ!飛騨へ