2016年03月04日

蒲酒造場に「福が来た?!」


今日は

ぽかぽかあたたかい一日でした 

そうかぁ~!

明日は啓蟄(けいちつ)ですもの 


啓蟄


【啓蟄】
二十四節気のひとつで、
土の中に眠っていた虫たちが
目覚め活動を始める頃。
「啓」は「開く」
「蟄」は「虫などが土の中に隠れている」の意味です。




お昼前、

蔵の前が賑やかだなと思っていたら
  ・
  ・
  ・

ドラマの撮影がありました 


なんと !?  鈴木 福 くん 
        ↓ ↓ ↓ 
公式ブログ http://ameblo.jp/suzuki--fuku/

そして・・・

宝くじのCMの笑わない父 渡辺 哲 さん !?
  ↓ ↓ ↓
https://youtu.be/8-eYOitvCQQ


撮影のお邪魔になってはいけないと
写真は撮りませんでした

ドラマ放映についてはわかり次第お知らせします♪
お楽しみにお待ちくださいね。



撮影が済むと

福くん が蔵の中に入って来てくれました。


蔵では

ちょうど瓶詰めの作業をしていたところ。


IMG_0854



福 くん 「何してるんですかぁ~?」

スタッフK「福くん!でっこなったなぁ~!
           (大きくなったねぇ~の意味)

まるで親戚の子が遊びに来たよう・・・ 
 

そんな気持ちになってしまうほど

私たちは福くんをテレビを通して

親近感を感じているんですね 




目をキラキラさせながら

作業の様子を一通り見ると

「ありがとうございました」

丁寧にお辞儀して去って行きました。 

 

なんて礼儀正しいんだろう 

スラリと背が伸びてて かっこよかったです


ますますファンになりました 

心がぽかぽかするような出来事でした。



福くん 

こちらこそありがとうございました
 






さて・・・

今日も営業田上は

東京でがんばっています!


 ◆ 松坂屋上野店様 試飲販売会 ◆

と き  2016年3月2日(水)~8日(火)
ところ  松坂屋上野店 
       地下1階ほっぺタウン 
       9丁目お酒壱番街
松坂屋上野店


田上さん 営業の
 田上です!
 (たうえ) 

 おすすめの
 お酒は・・・
 純米大吟醸
 誉 (ほまれ)

  

                そして・・・

 
荒ばしり③
 ◀ 3/3に発売したばかりの

  純米大吟醸生原酒 
  
荒 ば し り  


   ぜひこの機会に
  味わっていただきたい

   出来立て新酒です!  
   
    繊細かつ
    ダイナミックな味わいを

    お楽しみください。 

   関東地区にお住まいの皆様
  ぜひお越しください 








―― 今も昔もコツコツ酒造り ――


■蔵元直送オンラインショップやんちゃ酒本舗
  http://yancha.com/shop/index.html

■蒲酒造場公式ホームページ
  http://yancha.com/

■蒲酒造場facebookページ
  
www.facebook.com/shiramayumi
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪
――――――――――――――――





 
荒ばしりバナー
 ▲好評発売中!純米大吟醸原酒 荒ばしり 


ブログランキングに参加しています! 
  応援をよろしくお願いします  
    ↓↓↓  クリックしてね ↓↓↓


日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます  
皆様の1クリックが
まゆみ
 の励みになっております 

2016年03月03日

【荒ばしり】~800本限定!本日蔵出し!



荒ばしりアップ


いよいよ蔵出し!800本限定!

純米大吟醸原酒 荒ばしり
    http://www.yancha.com/shop/10_74.html



蔵人たちが丹精込めて醸しました。

蔵の中で絞り出される味を

そのままご堪能していただくため

火入れ(熱処理)をせず

無濾過生原酒のままで瓶詰めしました。

力強い芳醇な味わい

華やかな吟醸香 をお楽しみくださいませ。





【上槽(じょうそう)

発酵が終わった醪(もろみ)を搾り

原酒と酒粕にわける作業を

上槽
といいます。


搾りはじめ から 搾りおわり までの

どの段階で出てきたものかによって


酒の呼び名 に違いがあります。


搾りはじめから順に

・荒ばしり(新ばしり)

・中取り(中組み、中垂れ)

・責め(攻め、後取り)
    といいます。

荒ばしり①

荒ばしり斗瓶


そして・・・

フレッシュ感  味わい
 にも

違いがあるんです 

                   






さて・・・

関東地区にお住まいの皆さん!

昨日より 営業の田上が

松坂屋上野店地下1階 に

お邪魔しております。


◆ 松坂屋上野店様 試飲販売会 ◆


と き  2016年3月2日(水)~8日(火)

ところ  松坂屋上野店 
       地下1階ほっぺタウン 
      9丁目お酒壱番街

松坂屋上野店


田上さん
◀ 営業の田上です!
 
 皆様のお越しを

 心よりお待ち申し上げます





荒ばしり③

 

  ぜひこの機会に

 味わっていただきたい

  出来立ての新酒!  
      

  繊細かつ

 ダイナミックな味わいを

  お楽しみくださいませ。 









―― 今も昔もコツコツ酒造り ――


■蔵元直送オンラインショップやんちゃ酒本舗
  http://yancha.com/shop/index.html

■蒲酒造場公式ホームページ
  http://yancha.com/

■蒲酒造場facebookページ
  
www.facebook.com/shiramayumi
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪
――――――――――――――――





 
荒ばしりバナー
 ▲本日蔵出し!純米大吟醸原酒 荒ばしり 


ブログランキングに参加しています! 
  応援をよろしくお願いします  
    ↓↓↓  クリックしてね ↓↓↓


日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます  
皆様の1クリックが
まゆみ
 の励みになっております 


2016年03月02日

木桶300号樽



木桶300号樽


この木桶は

平成15年に創業300年を迎え

記念として作られた木桶です。

当蔵で使われていた木桶を集めて

作り直しました。



昔は木桶で酒造りをしていましたが

戦後になると

木桶はホーロータンクに変わりました。


温度の管理や

微生物の働きをコントロールしやすいことが

その大きな理由です。


現在木桶で仕込みをする蔵元は

全国で数社しかないそうです。


木桶は

温度を緩やかに伝えてくれます。

その中で醪は思うままに発酵し

杜氏と蔵人は日々の変化を慎重に見守り

抜群のタイミングで搾りの時期を見極めます。


木桶仕込みならではの香り、

コクと旨みが味わえる日本酒が生まれるのです。



限定蔵出し
【  
生粋三百伝 木桶仕込み  
  きっすいさんびゃくでん


生粋三百伝
米の旨みを

丸ごといただきたいと

精白はあえて低く、

飛騨の気候も

丸ごといただきたいと

木桶で仕込みました。

軽く冷えたくらいの常温

または燗酒がおすすめです。



  http://www.yancha.com/shop/10_64.html


3月24日(木)いよいよ蔵出し!

ただ今ご予約承り中です。






―― 今も昔もコツコツ酒造り ――


■蔵元直送オンラインショップやんちゃ酒本舗
  http://yancha.com/shop/index.html

■蒲酒造場公式ホームページ
  http://yancha.com/

■蒲酒造場facebookページ
  
www.facebook.com/shiramayumi
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪
――――――――――――――――





 
荒ばしりバナー
 ▲ひなまつりの日に発売です!ご予約承り中 


ブログランキングに参加しています! 
  応援をよろしくお願いします  
    ↓↓↓  クリックしてね ↓↓↓


日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます  
皆様の1クリックが
まゆみ
 の励みになっております