2018年10月15日

酒造祈願祭



朝夕ぐっと冷え込む日が

多くなってきました。

さぁ!いよいよ

酒造りの季節が始まります!



2018酒造祈願祭2



平成30酒造年度の

酒造りの安全と

よき酒が出来ることを願い

酒造祈願祭が行われました。



2018酒造祈願祭1


今年の夏は

予想を上回る大雨と

2度の大きな台風で

酒米の心配をしておりましたが

こうして無事に

酒造りを始められることを

嬉しく思います。



酒米を生産する皆さんのみならず

すべての農業生産者の方々の

自然を相手に奮闘なさる姿を

想像し感謝を寄せました。


ここまで携わってきた方々の

丁寧な仕事とあたたかな想いを

ここからは私たちが引き継ぎ

今年もよき酒を醸します。


秋純米と極米芳醸店先


いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 





 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓






秋のおすすめ

極米芳醸バナー



とろりにごり原酒秋




shiramayumi at 12:12|PermalinkComments(0)蒲酒造場 | 蒲のお酒

2018年10月11日

まゆみの実がなりました




高山祭が終わると

どんどん秋が深まっていく

毎年そう感じます 





いつの間にか

(まゆみ)の木に

実がなっていました。



檀の木と三光臺蔵



大昔 ここ飛騨には

(まゆみ)の木が

自生していたそうです。


このことからでしょうか。

飛騨にかかる枕詞は

「しらまゆみ」となったようです。


当蔵の銘柄「白真弓」は

飛騨の枕詞「しらまゆみ」に

由来しております。




(まゆみ)のピンクの実。

熟してくると

中から真っ赤な種が

顔をのぞかせます。



白まゆみ ならぬ

紅まゆみ ですね~
 






いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 





 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓






秋のおすすめ

極米芳醸バナー



とろりにごり原酒秋




2018年10月09日

今日明日は秋の高山祭です!




20181009



晴れましたね~ 

今日明日は

秋の高山祭(八幡祭)です。


旧高山城下町の北にある

櫻山八幡宮の例祭で
 
毎年10月9日10日に行われます。


絢爛豪華な祭屋台が11台あり

町を巡る曳き廻しや

布袋台のからくり奉納など

江戸時代の面影を残す

伝統的な行事が楽しめます。


高山祭の詳しいことは

     

高山市公式観光サイト




imgMap


当蔵のある飛騨古川は

高山市から北へ

車でおよそ30分。


高山のように

昔懐かしい景色が今もなお

受け継がれている町です。



20181009


祭見学の後に

すこ~し足をのばして

静かな町並み散歩はいかがですか?





いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 





 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓






秋のおすすめ

極米芳醸バナー



とろりにごり原酒秋