2019年01月23日

飛騨産とらふぐの「ひれ酒」



今日もお疲れさまでした。


飛騨古川は雪がしんしんと

降っております。


こんな夜はきゅーっと!

熱いのをいただきたいですね 




先日「国府のしずく」を楽しむ会で

こ~んな嬉しいお土産をいただきました!



飛騨とらふぐ焼きひれ



創作料理 八光苑 さんの


飛騨とらふぐの 焼きひれ


① 焼きひれを1~2枚器に入れる

② 80℃以上の熱燗を注ぐ

③ ふたをして1~2分蒸らす

④ 美味しくいただく




今夜は寒いので

芳醇 白真弓 でひれ酒にしよう  

芳醇白真弓バナー



ひれ酒







飛騨の山の中でとらふぐ?


ビックリした方は

こちらの記事をご覧くださいませ 


   

え?飛騨のとらふぐ?!










いつもお読みいただき

ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓






やんちゃ搾りたて原酒


有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 


shiramayumi at 17:36|PermalinkComments(0)日本酒の楽しみ方 

2019年01月22日

春節と観光客と飛騨古川



今年は暖冬やで・・・

などと言っておりましたら

よぉ~く降りましたね!



今宮橋
▲今宮橋から荒城川上流を眺めて




今日も台湾・香港・中国からの

お客様が多いですね~。


中でも台湾からのお客様が

とても多くいらっしゃいます。



もうすぐ

春節 やでやな~  


商店街の人たちが

そうおっしゃいます。





春節 とは・・・

旧暦のお正月で


台湾・香港・中国などでは

1年で最も盛大にお祝いをするそうです。


日本と同じように

学生はその前後が冬休みです。




今年の連休は・・・


2019年2月2日~10日

なんと9連休!


日本の年末年始のように

帰省をしたり

海外旅行に行ったりと

春節の連休には

交通渋滞になるんですって⁉



もっと詳しく知りたくて

まちなか観光案内所の

桂川さんのところに行ってきました 

matinaka

桂川さんは中国(上海)のご出身です。


春節のご馳走について

聞いてみました 


北京などの北部地域では

餃子を食べる習慣があるそうです。


桂川さんのご実家では

お団子やうどんを食べたそうです。



日本のお正月のように

家族や親戚が集まって

ご馳走を食べたり

お酒を酌み交わしたり

子どもや女性たちは

お菓子を囲んで

おしゃべりやゲームをしたりと

賑やかで楽しい思い出が

たくさんあるそうです。



春節アイテム



お正月の前には大掃除もして

玄関などには

「福」の文字が書かれた

赤い紙を貼って

福をお迎えするそうです。


倒福

逆さに貼ってあるのは

「倒福」といって

「福が来る」の発音と

「福が倒れる」の発音が

「フー・ダオ・ラ」 と

同じことから…

とも言われています。







そうそう!

「紅包」といって

目上の者は目下の者や子どもたちに

赤い紙で包んだお金を渡すんだそうです。

日本のお年玉と同じですね 



桂川さん

ありがとうございました  




新しい年を迎える時

文化や風習の細かな違いはあっても

大切な人たちと喜びを共有したい

という想いは同じですね。



飛騨古川で迎えるお正月

気持ちよ~く過ごして

いただけますように
 





いつもお読みいただき

ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓






やんちゃ搾りたて原酒


有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 


2019年01月17日

昔ながらの木桶仕込みのお酒




蒲酒造場には

昔ながらの仕込み容器である

木桶 (きおけ)がひとつだけあります。


木桶3



この木桶は平成15年

創業300年を記念して

当蔵で実際に使っていた

木桶を集めて作り直したものです。



現在も数量限定として

木桶仕込みのお酒を造っています。





昔はどこの酒蔵も

木桶を使っていましたが

戦後になると

温度管理や微生物の働きを

コントロールしやすい

ホーロータンクに変わりました。



現在も木桶で仕込をする酒蔵は

全国で数社しかないそうです。





木桶は

わずかに空気を通したり

水分を溜め込んだりして

まるで呼吸をしているようだ!

と表現されるようです。


その中の住人である微生物が

今 大活躍をしてくれています。



木桶櫂入れ20190108
▲朝晩、櫂を入れて醪
(もろみ)を攪拌(かくはん)する蔵人





例年はこの木桶を使って

2回仕込みをするのですが

今年は暖冬のため1回のみ。



諏訪宏志が杜氏となって

初の木桶仕込みです!



諏訪杜氏



諏訪新杜氏紹介バナー





朝晩、醪
(もろみ)の様子を見て

上槽のタイミングを待っています。


※上槽(じょうそう)
  醪(もろみ)を搾って
  原酒と酒粕に分けること。




いつもお読みいただき

ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




**************
 試飲販売会のお知らせ
**************

1月16日(水)~22日(火)

伊勢丹 新宿店 

本館地下1階  
粋の座
(和酒販売コーナー)にて

「白真弓」を販売しております 


**************
ISETAN 新宿店
【営業時間】 10:30~20:00
 〒160-0022
 東京都新宿区新宿3-14-1

 電話 03-3352-1111
**************




やんちゃ搾りたて原酒


有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 







shiramayumi at 15:55|PermalinkComments(0)蒲酒造場 | 蒲のお酒