本日より!新宿伊勢丹にて試飲販売です。春節と観光客と飛騨古川

2019年01月17日

昔ながらの木桶仕込みのお酒




蒲酒造場には

昔ながらの仕込み容器である

木桶 (きおけ)がひとつだけあります。


木桶3



この木桶は平成15年

創業300年を記念して

当蔵で実際に使っていた

木桶を集めて作り直したものです。



現在も数量限定として

木桶仕込みのお酒を造っています。





昔はどこの酒蔵も

木桶を使っていましたが

戦後になると

温度管理や微生物の働きを

コントロールしやすい

ホーロータンクに変わりました。



現在も木桶で仕込をする酒蔵は

全国で数社しかないそうです。





木桶は

わずかに空気を通したり

水分を溜め込んだりして

まるで呼吸をしているようだ!

と表現されるようです。


その中の住人である微生物が

今 大活躍をしてくれています。



木桶櫂入れ20190108
▲朝晩、櫂を入れて醪
(もろみ)を攪拌(かくはん)する蔵人





例年はこの木桶を使って

2回仕込みをするのですが

今年は暖冬のため1回のみ。



諏訪宏志が杜氏となって

初の木桶仕込みです!



諏訪杜氏



諏訪新杜氏紹介バナー





朝晩、醪
(もろみ)の様子を見て

上槽のタイミングを待っています。


※上槽(じょうそう)
  醪(もろみ)を搾って
  原酒と酒粕に分けること。




いつもお読みいただき

ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




**************
 試飲販売会のお知らせ
**************

1月16日(水)~22日(火)

伊勢丹 新宿店 

本館地下1階  
粋の座
(和酒販売コーナー)にて

「白真弓」を販売しております 


**************
ISETAN 新宿店
【営業時間】 10:30~20:00
 〒160-0022
 東京都新宿区新宿3-14-1

 電話 03-3352-1111
**************




やんちゃ搾りたて原酒


有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 







shiramayumi at 15:55│Comments(0)蒲酒造場 | 蒲のお酒

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
本日より!新宿伊勢丹にて試飲販売です。春節と観光客と飛騨古川