五感で楽しむ飛騨~The Cover Nippon~令和

2019年02月26日

白真弓肥太右衛ヱ門ミニ樽




蒲酒造場のお酒と同じ名前の力士

白真弓肥太右衛門

菰(こも)に描かれた

手のひらサイズの樽酒が出来ました。


現在は飛騨管内のお店のみで

販売しておりますが

近々オンラインストアでも

販売する予定です 



白真弓肥太右ヱ門ミニ樽






白真弓 肥太右衛門 
(しらまゆみ・ひだえもん)

江戸末期に活躍した

飛騨(白川郷)出身の力士です。



白川郷にお住まいの方は

よ~くご存知ですよね
 





もりたなるお さんの

「轟く土俵
 ― 小説白真弓肥太右衛門」には

次のように記されています。





身丈六尺八寸五分(208㎝)

重さ四十貫(150㎏)


「白真弓」

飛騨の枕詞であることから

この四股名が付けられた。

一説によると

父親が飛騨郡代として赴任していた

山岡鉄舟の引きで浦風部屋に入門。

突き手を禁じられるほどの

怪力でありながら

力士としての最高位は

西前頭筆頭であった。


ペリー来航 の折

米俵を背中に四俵

胸に二俵

手に二俵

合計八俵を運んで

黒船一行の度肝を抜き

その名を轟かせた。


また安政五年の

本場所での土俵入りは

見事なものであったと言われる。



轟く土俵




黒船一行もビックリ!!

いやいや私もビックリだよ~
 



白川村役場のHPには

白真弓を紹介するページがありました!

こちらもぜひご覧ください
 
  ↓ ↓ ↓

白川郷出身、幕末の怪力相撲力士「白真弓肥太右衛門」





いつもお読みいただき


ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓





春を夢見るお酒 

春吟醸



有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 


shiramayumi at 18:00│Comments(0)蒲のお酒 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
五感で楽しむ飛騨~The Cover Nippon~令和