万葉集に詠われる飛騨(斐太・ひだ)名鉄百貨店で販売会~5月28日まで!

2019年05月23日

柿渋塗りをしました!



皆さまは「柿渋(かきしぶ)」をご存知ですか?


「柿渋」と聞いただけで

あの強烈な匂いを思い出される方も

いらっしゃるのではないでしょうか 


柿渋は

渋柿を搾って発酵熟成させたもので

防水・防虫・防腐効果があり

建築内装の塗料や

布や紙の染料として使われています。



私たちが子どもの頃は

柿渋を塗った漬物桶が

軒下に並んでいるのを

よく見かけたものです。


あの匂い・・・思い出すなぁ~ 



木桶3



平成15年に

戦後まもなくまで使っていた

酒樽をバラし

創業300年記念として

大きな酒樽を作りました。

これが第300号樽です。



毎年この時期には

木桶の手入れとして柿渋塗りをします。




IMG_2587




あれ?

諏訪杜氏~

匂い対策はしないんですか?



「しんよ!

 今年は無臭の柿渋にしたで!」


そう言って

黙々と作業をする杜氏。



上から覗いてみると

この木樽って本当に大きいですね。


IMG_2591






カラッカラに乾いた木樽には

こんなすき間があります。


IMG_2590


仕込みの時期には水を張って

充分に水分を浸み込ませると

このすき間がなくなるんです!



木樽は生きている~ 




それに

年輪も美しいですね~
 




柿渋が染み込むと

これまた美しいです~
  


IMG_2593





今回は無臭の柿渋を使いましたが

なんとなく匂うような気がします。


子どもの頃に嗅いだあの匂いは

それほどキョーレツだったのですね(笑)




キョーレツな匂いが気になりますか?


そうですね~。

匂いをお届けすることは出来ませんが


銀杏の実が落ちて腐敗した匂い


と言えば

ご想像いただけるでしょうか~ 



IMG_2594
▲無臭の柿渋を塗ったので匂いません!




いつもお読みくださり

ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




*****************
 ☆新着記事をLINEでお知らせ☆
*****************

  読者登録が便利です 
   

 ↓ クリックして登録 ↓




好評発売中!

とろ生 吟醸生原酒
とろ生



純米吟醸 飛騨の涼風
飛騨の涼風2018



祝令和元年記念セット!

令和元年記念セット




有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 


shiramayumi at 14:14│Comments(0)蒲酒造場 | 蒲のお酒

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
万葉集に詠われる飛騨(斐太・ひだ)名鉄百貨店で販売会~5月28日まで!