カブラのすぐり菜~今日のアテ馥郁とした香り~白真弓大吟醸

2016年03月30日

寡黙な人~築山さん♡



7人の蔵人のひとり

築山 
(つきやま) さん

今年2年目



農業を営んでおり

農閑期となる冬の間

蔵人として働いています。


築山さん1
▲蒸しあがったお米を掘る作業



仕込みをする極寒の時期

米を蒸して運ぶ作業をする姿は

Tシャツ1枚っ



もうもうと蒸気があがる

作業場は暑く

米を運ぶ作業は重労働です。




誉袋吊り2
▲大吟醸の袋吊り作業の様子




当蔵の蔵人たちは

比較的

無口な人が多いようです。


※本当はそうじゃないかもしれませんが 





築山さんも無口。。。


いつも集中して

黙々と作業をしています。





今日は朝から

ヤブタの清掃作業 でした。


築山さん2



築山さんの勤務は明日まで。



にっこり笑顔の写真を撮ろうとしたのですが・・・

とてもシャイでして 


シャカシャカとたわしを動かす手も

ブレてしまいました 




今季もお疲れ様でした。


4月からは

農業にその情熱を傾けて

飛騨のおいしい野菜を

育ててくださいね。

身体にためらってな 

※ためらう・・・気を付けての飛騨弁


次の酒造りも

よろしくお願いします !




今度は笑顔の写真を撮りますからね~ 







 ブログランキングに参加しています! 
  応援をよろしくお願いします  
    ↓↓↓  クリックしてね ↓↓↓


日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます  
皆様の1クリックが
まゆみ
 の励みです     


☆スマートフォンでご覧の方へ☆

新着記事をお知らせする読者登録が便利です  

  ↓ クリックして登録 ↓






―― 今も昔もコツコツ酒造り ――

■蔵元直送オンラインショップやんちゃ酒本舗
  http://yancha.com/shop/index.html

■蒲酒造場公式ホームページ
  http://yancha.com/

■蒲酒造場facebookページ
  
www.facebook.com/shiramayumi
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪
――――――――――――――――





昔ながらの木桶仕込み!

生粋三百伝バナー
▲飛騨古川の自然と蔵人の和が生んだお酒です。


フレッシュな味わいの純米大吟醸原酒
荒ばしりバナー
▲ブルーのスリムなボトルも人気です。


限定4000本の春一番のお酒
春吟醸バナー
▲柔らかな口当たりが女性に人気です。

 

shiramayumi at 17:20│Comments(0)TrackBack(0)蒲酒造場 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カブラのすぐり菜~今日のアテ馥郁とした香り~白真弓大吟醸