4月1日に思う~清和(せいわ)瀬戸川の鯉は何匹いるの?

2016年04月02日

瓶燗火入れ(びんかんひいれ)



火入れとは?


清酒を

低温加熱殺菌する

工程のことをいいます。


劣化を促進する菌を殺菌するとともに

酵素による熟成の進行を停止させ

品質を安定させるために行います。



瓶燗2



瓶燗火入れとは?


瓶詰の後に

瓶ごと湯煎
(ゆせん)する方法です。


いきなり湯煎すると

瓶が割れてしまいますので

少しずつ温度を上げ

殺菌に必要な時間が経過したところで

急冷していきます。


瓶燗1



瓶燗火入れは

瓶詰めによって

密閉された状態で火入れする為

フレッシュな香味を

残すことが出来るのです。




出荷前の大切な工程です。



このお酒は・・・


大好評につき

昨年暮れに完売となった

白真弓 大吟醸 真 
(しらまゆみ だいぎんじょう しん)



販売まで

あともう少しです!


真
 「山田錦」 を大寒に仕込み

 袋吊りによって集めた雫を

 斗瓶で寝かせ

 上澄みだけをすくって

 丁寧に瓶詰めしました


 杜氏と蔵人の心意気が

 ふんだんに詰まっています





 http://www.yancha.com/shop/1_66.html















さて・・・

古川祭まであと17日 !



古川祭

4月19日(火)20日(水)
 



飛騨市公式観光サイト 飛騨の旅
 
http://www.hida-kankou.jp/



今年も

たくさんのお客様に

お越しいただけますように
 




―― 今も昔もコツコツ酒造り ――

■蔵元直送オンラインショップやんちゃ酒本舗
  http://yancha.com/shop/index.html

■蒲酒造場公式ホームページ
  http://yancha.com/

■蒲酒造場facebookページ
  
www.facebook.com/shiramayumi
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪
――――――――――――――――




 ブログランキングに参加しています! 
  応援をよろしくお願いします  
    ↓↓↓  クリックしてね ↓↓↓


日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます  
皆様の1クリックが
まゆみ
 の励みです     



☆スマートフォンでご覧の方へ☆

新着記事をお知らせする読者登録が便利です  

  ↓ クリックして登録 ↓







昔ながらの木桶仕込み!
生粋三百伝バナー
▲飛騨古川の自然と蔵人の和が生んだお酒です。


フレッシュな味わいの純米大吟醸原酒
荒ばしりバナー
▲ブルーのスリムなボトルも人気です。


限定4000本の春一番のお酒
春吟醸バナー
▲柔らかな口当たりが女性に人気です。

  
  

shiramayumi at 12:00│Comments(0)TrackBack(0)蒲のお酒 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
4月1日に思う~清和(せいわ)瀬戸川の鯉は何匹いるの?