蒲のお酒

2019年01月17日

昔ながらの木桶仕込みのお酒




蒲酒造場には

昔ながらの仕込み容器である

木桶 (きおけ)がひとつだけあります。


木桶3



この木桶は平成15年

創業300年を記念して

当蔵で実際に使っていた

木桶を集めて作り直したものです。



現在も数量限定として

木桶仕込みのお酒を造っています。





昔はどこの酒蔵も

木桶を使っていましたが

戦後になると

温度管理や微生物の働きを

コントロールしやすい

ホーロータンクに変わりました。



現在も木桶で仕込をする酒蔵は

全国で数社しかないそうです。





木桶は

わずかに空気を通したり

水分を溜め込んだりして

まるで呼吸をしているようだ!

と表現されるようです。


その中の住人である微生物が

今 大活躍をしてくれています。



木桶櫂入れ20190108
▲朝晩、櫂を入れて醪
(もろみ)を攪拌(かくはん)する蔵人





例年はこの木桶を使って

2回仕込みをするのですが

今年は暖冬のため1回のみ。



諏訪宏志が杜氏となって

初の木桶仕込みです!



諏訪杜氏



諏訪新杜氏紹介バナー





朝晩、醪
(もろみ)の様子を見て

上槽のタイミングを待っています。


※上槽(じょうそう)
  醪(もろみ)を搾って
  原酒と酒粕に分けること。




いつもお読みいただき

ありがとうございます 



*****************
ブログランキングに参加しています!  
*****************

 読んだよ!という方
 クリックして応援を
 よろしくお願いします
   ↓      ↓

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   




**************
 試飲販売会のお知らせ
**************

1月16日(水)~22日(火)

伊勢丹 新宿店 

本館地下1階  
粋の座
(和酒販売コーナー)にて

「白真弓」を販売しております 


**************
ISETAN 新宿店
【営業時間】 10:30~20:00
 〒160-0022
 東京都新宿区新宿3-14-1

 電話 03-3352-1111
**************




やんちゃ搾りたて原酒


有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 


 







shiramayumi at 15:55|PermalinkComments(0)

2018年10月24日

10月25日(木)「辛口純米」蔵出しです!



 辛口の酒は食を引き立てる
辛口純米720


香りがよくて甘口のお酒は

飲みやすいこともあって

高い人気を得ますが

私はやっぱり辛口が好みですね。


敦子社長



食を引き立てて

箸をすすめることも

日本酒の大切な役目。




キレが良くて辛さが際立つ

そんな純米酒が

いよいよ蔵出しです!



10月25日(木)蔵出し

 飛騨の辛口純米


飛騨の辛口純米バナー


冷やで飲めば

食の旨みをクリアにしてくれる。

燗にすれば

辛さが際立って

食の脂を綺麗に整え

食がすすみます。





お近くの酒屋さんにない場合は

オンラインストア

http://yancha.com/index.html

ご利用くださいませ。





いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 





 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓






秋のおすすめ 

極米芳醸バナー



とろりにごり原酒秋


好評につき間もなく完売!

秋純米





shiramayumi at 12:00|PermalinkComments(0)

2018年10月15日

酒造祈願祭



朝夕ぐっと冷え込む日が

多くなってきました。

さぁ!いよいよ

酒造りの季節が始まります!



2018酒造祈願祭2



平成30酒造年度の

酒造りの安全と

よき酒が出来ることを願い

酒造祈願祭が行われました。



2018酒造祈願祭1


今年の夏は

予想を上回る大雨と

2度の大きな台風で

酒米の心配をしておりましたが

こうして無事に

酒造りを始められることを

嬉しく思います。



酒米を生産する皆さんのみならず

すべての農業生産者の方々の

自然を相手に奮闘なさる姿を

想像し感謝を寄せました。


ここまで携わってきた方々の

丁寧な仕事とあたたかな想いを

ここからは私たちが引き継ぎ

今年もよき酒を醸します。


秋純米と極米芳醸店先


いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 





 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓






秋のおすすめ

極米芳醸バナー



とろりにごり原酒秋




shiramayumi at 12:12|PermalinkComments(0)

2018年10月11日

まゆみの実がなりました




高山祭が終わると

どんどん秋が深まっていく

毎年そう感じます 





いつの間にか

(まゆみ)の木に

実がなっていました。



檀の木と三光臺蔵



大昔 ここ飛騨には

(まゆみ)の木が

自生していたそうです。


このことからでしょうか。

飛騨にかかる枕詞は

「しらまゆみ」となったようです。


当蔵の銘柄「白真弓」は

飛騨の枕詞「しらまゆみ」に

由来しております。




(まゆみ)のピンクの実。

熟してくると

中から真っ赤な種が

顔をのぞかせます。



白まゆみ ならぬ

紅まゆみ ですね~
 






いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 





 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓






秋のおすすめ

極米芳醸バナー



とろりにごり原酒秋




shiramayumi at 10:35|PermalinkComments(0)

2018年10月04日

熟成純米酒「極米芳醸」本日蔵出し!



 時が作りだすまろやかさ


日本酒の醍醐味は

熟成したものに在ります。


早出しの香り高く

フレッシュな酒もいいですが

時が作りだしたまろやかさ

深みは醸造だけでは醸し出せない

時間の産物です。




       13代目当主 蒲 敦子

kaba



 本日蔵出し!極米芳醸

極米芳醸バナー
 
******************

特別純米酒
アルコール度 15度
日本酒度   ±0
酸  度   1.2
アミノ酸   1.2
精米歩合   60%

****************** 

 
お近くの酒屋さんにない場合は
オンラインストアでのお求めが便利です。
→ http://yancha.com/shop/junmai05.html


 




いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 





 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓







shiramayumi at 13:13|PermalinkComments(0)