飛騨古川

2019年01月15日

三寺まいり



今日は「三寺まいり」の日。

飛騨古川にある浄土真宗の3つのお寺

円光寺・本光寺・真宗寺をお参りする

江戸時代から続く伝統の行事です。


親鸞聖人のご遺徳を偲び

その命日の前日1月15日

毎年行われます。


当蔵の前に大きな大きな

雪像ろうそくが立てられました。


大ろうそく20190115


 
********************

三つのお寺には毎年

「三寺まいり奉賛会」の皆さんによって

大きな和ろうそくが奉納されます。


江戸時代から続く三嶋和ろうそく店

三嶋順二さんが心を込めて作った

大きな和ろうそくの大きさは

一番大きなもので

高さ 約70センチ 重さ 約13キロ!

今年も大小合わせて

7本の和ろうそくが奉納されました。



三嶋順二さん(岐阜新聞20180114)
 ▲三嶋順二さんと和ろうそく
  (昨年の岐阜新聞の画像をお借りました)

********************



奉納される和ろうそくを模して作られた

大きな雪像ろうそく。

 
三つのお寺の和ろうそくにも

町に並べられる雪像ろうそくにも

人々の心を癒す柔らかな灯がともります。


人々は日々生かされていることの

感謝をもってお参りするのです。


そしてまた

そこで出会う人たちと

年頭の挨拶を交わす姿は

この町に活気をもたらします。


 
 三寺まいりの楽しみ方
  (飛騨市観光協会)

→ https://www.hida-kankou.jp/santera/2/


 



今日もお読みいただき

ありがとうございます 






やんちゃ搾りたて原酒


有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 






shiramayumi at 12:33|PermalinkComments(0)

2019年01月10日

ブログ再開いたします!



ご無沙汰いたしております。

いつもこのブログにご訪問いただき

ありがとうございます 


新しい年を迎えて

今日でもう10日になります。


今日からまた投稿をスタートいたします!

お酒のことはもちろんですが

飛騨の風景もお伝えして参ります。


ほっと一息つく時間を

皆さまにお届け出来らた幸いです。


これからもよろしくお願いいたします。





 20190101安望山
▲元旦の安峰山


********************

 
安 峰 山(あんぼうさん)

 岐阜県飛騨市古川町上気多
 標高 1,058m

 登山初心者におススメ。
 朝10時頃まで雲海が見られる
 観光客にも人気の山です。

 登山道入り口から往復約2時間30分。
 山頂には展望デッキ・トイレ有。
 ※車でもアクセス可能。
  古川町太江・田中牧場より
  林道で片道20分ほど。

飛騨市公式観光サイト 飛騨の旅
https://www.hida-kankou.jp/spot/4288/

北ひだの森を歩こう
→ http://hidamoriaruki.com/map/anbou/

******************** 



今日もお読みいただき

ありがとうございます 






やんちゃ搾りたて原酒


有限会社 蒲酒造場
〒509-4234
岐阜県飛騨市古川町壱之町6番6号
電 話 0577-73-3333
FAX 0577-73-6367
e-mail kaba@yancha.com
公式HP http://www.yancha.com 






shiramayumi at 14:14|PermalinkComments(0)

2018年10月17日

祝!飛騨市・台湾新港郷友好都市提携1周年



秋晴れの土曜日。

飛騨市では

大きな行事がありました。


台湾の新港郷と飛騨市の

友好提携1周年記念行事です。


2018秋屋台特別曳き揃え




 飛騨市と台湾新港郷との関係


飛騨市と台湾新港郷は

昨年10月13日に

友好都市提携を結びました。

台湾新港郷と飛騨古川は、20年以上に渡って民間交流が続けられてきました。

平成6年、台湾の行政院文化建設委員会の日本視察団が飛騨古川を訪れたのがきっかけです。

新港郷のまちづくりに取り組む新港文教基金会と飛騨市観光協会、古川祭保存会の間で活発に民間交流が続けられ、昨年10月13日に両市の友好提携が
実現したのです。




ちょうど1年となる10月13日土曜日

古川祭屋台特別曳き揃えがあり

敦子社長も

町内の壱之町中組

鳳凰台の屋台曳きに参加!


敦子社長法被姿

2018秋屋台特別曳き揃えと社長



台湾新港郷からお越しになった

130名ものお客様だけでなく

観光に訪れた方々

もちろん古川やんちゃと

それを支える人々も一緒に

この行事を楽しみました。



飛騨市と台湾新港郷は

今後も、行政、観光、科学技術、

芸術、文化、スポーツなど、

様々な分野で交流と協力が

行われてゆくのですね。

とても楽しみです 





いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 





 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓






秋のおすすめ

極米芳醸バナー



とろりにごり原酒秋




shiramayumi at 11:17|PermalinkComments(0)

2018年10月09日

今日明日は秋の高山祭です!




20181009



晴れましたね~ 

今日明日は

秋の高山祭(八幡祭)です。


旧高山城下町の北にある

櫻山八幡宮の例祭で
 
毎年10月9日10日に行われます。


絢爛豪華な祭屋台が11台あり

町を巡る曳き廻しや

布袋台のからくり奉納など

江戸時代の面影を残す

伝統的な行事が楽しめます。


高山祭の詳しいことは

     

高山市公式観光サイト




imgMap


当蔵のある飛騨古川は

高山市から北へ

車でおよそ30分。


高山のように

昔懐かしい景色が今もなお

受け継がれている町です。



20181009


祭見学の後に

すこ~し足をのばして

静かな町並み散歩はいかがですか?





いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 





 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓






秋のおすすめ

極米芳醸バナー



とろりにごり原酒秋




shiramayumi at 12:21|PermalinkComments(0)

2018年09月21日

明日はきつね火まつりです。



飛騨古川きつね火まつり

このお祭りは平成になってから

商工会のイベントとして始まったものが

御蔵稲荷神社の例祭と組み合わさり

現在も市民の手によって

成長しているお祭りです。


今年のきつね火まつりは

いよいよ明日

9月22日(土)開催です。


加藤忠一様絵
▲相模原市 ギャラリーパスタイム 加藤様のスケッチ

 加藤様ありがとうございます  




2018きつね火まつりポスター




飛騨の味覚がいっぱいの

あきんど村(バザー会場)

正午から始まります。


お蔵稲荷神社の例祭

午後1時から行われ

午後2時頃から

花嫁花婿のお披露目行列です。


午後3時半から

祝言の会場となるまつり広場で

太鼓や踊りなどのお祝いが始まります。








祭の見どころはここから!






午後6時半から

幻想的な花嫁行列が町を練り歩き

午後8時からはいよいよ祝言です。


お祝いとして白真弓や蓬莱の

樽酒の振舞いもあります。



画像提供:飛騨市公式観光サイト

  飛 騨 の 旅





もっとお祭りを楽しむには?






町のあちこちで

筆を持った女性がいます。


簡単なメイクを~

ちょちょいのちょい

観客もきつねになれるんですよ。



きつねメイクで




皆さんもご一緒に

コ~ンな風に楽しみましょう
 




きつねの嫁入りと言えば

天気雨 ですが・・・


明日は無事に

祝言があげられるような

お天気でありますように
 





いつもお読みいただき

ありがとうございます
 



―――――――――――――――― 

育ちのいい米、
育ちのいい水、
育ちのいい空気があって、
育ちのいい酒ができあがる。


育ちのいい酒をつくりつづける。
  蒲 酒 造 場

 〒509-4234
 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
 電話 0577-73-3333

■蒲酒造場公式ホームページ
 http://yancha.com/

■蒲酒造場インスタグラム
 shiramayumi.yancha.kaba3

■蒲酒造場facebookページ
 www.facebook.com/shiramayumi 
  ↑ 「いいね!」で応援してくださいね♪ 

――――――――――――――――
 



パート募集広告2018年9月ブレス




 ブログランキングに参加しています!  

「読んだよ~!」という方は

 クリックして応援
 よろしくお願いします
    

 
日本酒 ブログランキングへ

ありがとうございます   
皆様の1クリックが 
まゆみ
 
 の励みです       



☆スマートフォンでご覧の方へ☆ 

新着記事をお知らせ!
 読者登録が便利です 
   

↓ クリックして登録 ↓







shiramayumi at 16:44|PermalinkComments(0)